Loading...

がじゅまる

がじゅまる

がじゅまる

2006年頃、沖縄の友人から
「沖縄の人を撮影しないか?」と声をかけられる。

沖縄に初めて行ったのが1982年だった。
のちにインド、キューバ、ブラジル・・・と人物撮影をしていくが
その強烈な印象以上を当時、沖縄から受けていた。

久々に沖縄の人にカメラを向けた。
時が過ぎ、なんか違う温度感を感じた。

そんな時、変わらぬ強者がすごい存在感で訴えてきた。
「がじゅまる」
それから、100回以上は沖縄にがじゅまる撮影へ行くことになりました。

写真集「がじゅまる」の中から紹介します。

 

 


がじゅまる
がじゅまる
がじゅまる

がじゅまる

 

「がじゅまるの樹はキジムナーが住んでいる。」

「がじゅまるの樹は歩く。」

と言われてます。

 
がじゅまる
がじゅまる

神々しい樹

 

がじゅまるは神々しい場所にあることも多く
ハブも同居していることがしばしある。

撮影の際、足元はよく見渡してから・・・

 

 
がじゅまる
がじゅまる
がじゅまる
がじゅまる

奇跡のがじゅまる-1

 
がじゅまる

奇跡のがじゅまる-2

 
がじゅまる
がじゅまる
がじゅまる

緊急時は鐘を鳴らす。
集落の中心に「がじゅまる」があることも多い

 
がじゅまる
がじゅまる

小学校

小学校にも「がじゅまる」は多い。

登りやすい。

 
がじゅまる
がじゅまる

がじゅまるは締めが強い。

隣のアコウの樹が締められている。

 
がじゅまる

販売機も締められている。

 
がじゅまる

闇の帝王 

一見の価値保証します。

 
     
マタニティフォト専門スタジオモーツァルト
注 意

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.