コンテンツへスキップ
Home » (故)朝丘雪路

(故)朝丘雪路

女優・朝丘雪路 舞台『花や…蝶や…』花魁を演じる

朝丘 雪路

朝丘 雪路(あさおか ゆきじ、1935年7月23日 – 2018年4月27日)は、日本の女優、タレント、舞踊家、歌手、司会者。本名は加藤 雪会(かとう ゆきえ)、旧姓・勝田。

東京市京橋区(現・東京都中央区)築地生まれ。元宝塚歌劇団月組娘役。父は日本画家の伊東深水。夫は津川雅彦、娘は真由子。義兄は長門裕之、義姉は南田洋子。

日舞の深水流家元として、深水 美智雪の名を持つ。

2011年、旭日小綬章受章。

2011年より専属写真家として撮影させていただきました。

女優・朝丘雪路 深川マンボを踊る

深川マンボ

ものすごく早い動きとユーモアを感じさせる
朝丘さんが踊る「深川マンボ」
今でも脳裏に焼き付いてます。

朝丘さん以外では考えられない踊りでした。

女優・朝丘雪路 生家にて撮影

召されている着物は梅の絵です。
伊東深水(お父様)が書いてます。

お茶目な女優・朝丘雪路 梅の着物は伊東深水(父)の絵
家元・朝丘雪路 自身の稽古場より お弟子さんの稽古をつける2
女優・朝丘雪路 旭日小襄章 受勲後六本木スタジオにて撮影

旭日小綬章受章

2011年、旭日小綬章受章。

授賞式後に六本木のスタジオにて勲章をつけて撮影。

女優・朝丘雪路 名古屋 御園座にてリハーサル休憩時
シンガー・朝丘雪路 マイウェイのリハーサル中

jazz

朝丘さんを撮影する際はいつもJAZZをかけて撮影

「s wonderful 」がかかると気持ちが高ぶる・・・と。

洋服を着ているときは洋の動きが
和服を着ているときは和の動きが

魂から体にに染み付いている人でした。

シンガー・朝丘雪路 リハーサルの休憩時でも歌っている
女優・朝丘雪路 鎌倉にて番傘とともに撮影
家元・朝丘雪路 自身の稽古場より お弟子さんの稽古をつける

紫陽花

後ろにある立派な絵は伊東深水の
最後のお弟子さんが描いたもの。

モデルは朝丘さん。

日劇の楽屋の中で本番前の心境が描かれてます。

家元・朝丘雪路 自身の稽古場より(後ろの絵は本人がモデル・画家は伊東深水の最後のお弟子さん)
女優・朝丘雪路 自身の卒業小学校・泰明小学校の図書室より
女優・朝丘雪路 自身の卒業小学校・泰明小学校の教室より

女優・朝丘雪路 自身の卒業小学校・泰明小学校の桜と

泰明小学校

出身校である泰明小学校で撮影。

桜が咲く頃に撮影したいと言われ、
晴れる願いながら迎えた撮影日。

やはりこの人は「晴れ女」でした。

桜がすごく似合います。
こちらもお父様が描かれた桜の着物です。

人力車で通われてました。

女優・朝丘雪路 鎌倉にて白い紫陽花とともに撮影
女優・朝丘雪路 鎌倉にて番傘とともに撮影 2

女優・朝丘雪路 撮影の合間にいきなり芸を始める

ふとした瞬間に芸が始まる・・・
根っからの芸達者。

いつも撮影する日は晴れでしたが
唯一、紫陽花の時だけは雨が降って欲しいと
願っていたら、雨・雨・雨。

朝丘さんは私の気持ちを反映してくれました。

女優・朝丘雪路 鎌倉にて紫陽花とともに撮影
女優・朝丘雪路 自身の卒業小学校・泰明小学校の校庭で